受ける授業から、受けたい授業へ!学校内予備校のプロ、RGBサリヴァン。 東京、埼玉、千葉、茨城、神奈川、滋賀、奈良にて貴校の大学受験をサリバンが全面サポート。

本文とグローバルメニュー・サイドメニュー・フッターへジャンプするためのナビゲーションスキップです。

RGBサリヴァン

お電話でのお問い合わせ 03-6457-1178

本文のエリアです。

合格者インタビュー

東京外国語大学 外国語学部 榎本 千夏 さん

合格体験記

私の中学校では2年生の時に20年後の自分を想像して経歴を書く企画がありました。そのときに大学名を書いたのがきっかけで、私は志望校として今の大学にずっと憧れを抱いていました。しかし実力は伴わず、模試での判定はEばかり。すぐ消極的な方向へ考えてしまう私は何度も何度も不安になりました。それでもあきらめなかったのは学校の先生、サリヴァンの先生が後押ししてくださったおかげです。

具体的に勉強面でよかったと思うのは、高校2年生から3年生になる春休みのあたりで基本的な単語帳一冊を全部覚えたことです。これはサリヴァンの最初の面談で先生に○○日にテストするからそれまでに覚えてきて!とかなり厳しい期限を設けられ、必死になって勉強し達成できたことでした。結果的に自分にもプラスになり、また先生に対しても良い意思表示になったと思います。それでも成績は模試では最高でD判定。途中、指定校推薦などを利用せずわざわざ困難な道を選んだ自分を責めたい時もありました。しかし、行きたいと思う大学に行くため、なにより私を信じて応援してくれる先生方のために、可能性のある限り最後までがんばろうと決心しました。

これから受験を向かえるみなさんに私がとにかく伝えたいことは、あきらめないこと!そしてピンチはチャンスと考えてポジティブにがんばることです。私は最後に奇跡が起きました。みなさんにも自分の実力より数段上のレベルの志望校を目指して、あきらめずに本気で勉強し、合格の喜びを実感してもらいたいです。勉強するしないも結局はすべて自分との戦いです。人生80年のうちの1年くらい、本気で勉強にうちこんでみてはいかがでしょうか!

東京大学 文三 松村 翼 さん

合格体験記

受験は自分との勝負です。そのため、テレビや睡眠の時間を受験型の生活に変え、学力を合格レベルまで上げるための長期・短期目標を立てて、自分に適した1科目集中型の勉強法をとっていきました。当然ですがこれが一番つらいところです。一日中勉強するのは、精神的にも肉体的にも大変です。だから、自分にとって息抜きになるB’zを聴いて、メリハリをつけて休憩していました。また、勉強しても伸びずにスランプに陥ることもありましたが、「これは学力が上がった証拠。ここで踏ん張ればもっと伸びる」と、ポジティブ思考で乗り切りました。高校入試での悔しい思いと、周りを見返してやろうという強い意志を貫き通せたことが合格につながりました。

東大 理三 S.I

サリヴァンの指導は非常に手厚く、しばしばフェローの先生との面談がありました。その度に、正確な現状把握をフェローの先生と行い、「この科目を後何点引き上げる」や「そのためにはこの問題集をこなす」など、何から何まで的確なアドバイスを頂きました。その結果、学習方法に疑心暗鬼にならずにすみ、ひたすら信じて学習を進めるための勇気が湧きました。しかも、不適なアドバイスでしたら、結果は生まれなかったでしょう。サリヴァンの先生方は、本当に受験のノウハウを知っていらっしゃいます。

立教大学 理学部 数学科  Y.S

私は受験期にサリヴァンに勉強面でお世話になったのは当然ながら、一番感謝しているのは勉強に真剣に取り組めるように精神面で支えていただいた事です。
先生方が講義内で話される事の多くは未だに覚えています。そのどれもが受験だけに対してだけではなく、まるで今後自分が大人になる上で必要なものを教えられたかのようでした。そして、面談では今の厳しい現状を教えてもらいまた、どれほどの課題をいつまでにやらなくてはならないか具体的に教えていただきました。面談のおかげで私は甘い自分にしっかりと向き合うことが出来ました。
今振り返ると高校三年生の受験期が人生で一番密度が濃く充実していたように思えます。それは受験期が一番何事にも一生懸命になってやれたからだと思います。そしてこれから先どんな困難があろうとこの一年間が乗り越える自信になるだろうと確信しています。どれもはじめは先生方からいただいた言葉ですが今では自分の大事なものになりました。サリヴァンの先生方に素直についていって良かったです!
本当にありがとうございました!!

東洋大学 経済学部 K.M

私がサリヴァンでの講座を受講し始めたのは、高校三年生からでした。体育会系の部活動に夢中だった私は、講座を受講するまで、勉強に本腰を入れていませんでした。そのため、初めてフェローの先生と面談をした時、「このままじゃ志望大学の1ランク下の大学にも届かないよ」と、言われたことが衝撃で、今でも覚えています。
部活動を引退した私は、とにかく与えられた課題に素直に取り組みました。授業も一番前で受け、わからないところはその日のうちに質問して解決しました。放課後すぐに講義を受けることができ、アットホームで親しみやすいフェローや講師の方々のおかげで、私は勉強に専念することができました。
もう1つ、とても励みになったことは、同じ高校に通うクラスメイト達と共に取り組めたことです。また、高校の施設を利用して行なった勉強合宿は、モチベーションも上昇し、楽しみながら臨むことができました。おかげで私は、志望大学に合格し、現在は母校でチューターとして後輩達のサポートに当たっています。同じ高校の卒業生であるからこそ共感できる生徒の悩みなどにも乗ってあげられることも、学校内予備校の大きなメリットであると感じています。

早稲田大学 文化構想学部 W.S

勉強する事の「辛さ」と「楽しさ」を私に教えてくれたのは、紛れもなくサリヴァンです。
物事の考え方や、これからの生き方について本気で考えて学んだあの1年は、人生の中で1番濃く、今の私を創り上げる大きな基盤となりました。大学に入ってからも就活をする上でも、高校3年で得た経験に幾度となく助けられました。
サリヴァンを導入するとともに、受験に向けた最良の環境を整えてくれた母校のフロンティア精神と、本気で生徒に向き合ってくれたサリヴァンの先生方には深く感謝しています!

立教大学 社会学部 S.N

サリヴァンを受講して良かったことは、何よりもフェローや講師の先生方が親身になって受験のアドバイスをして下さったことです。休み時間などには講師室へ行き、何度も相談にのって頂きました。またサリヴァンは学校内にあるので、学校の友達と切磋琢磨しお互いに励ましあいながら、楽しく勉強に取り組むことができました。私が最後まで受験に集中できたのは、サリヴァンの力が大きかったと今でも感謝しています。

東洋大学 文学部 H.G

私は受験を通してたくさんのものが得られました。一番大きかったのは仲間です。何度もくじけそうになった時、同じ目標に向かって進む仲間たちが私の支えとなってくれました。受験は苦しかったですが、その時の経験が今の私を作ってくれていると思います。

明治大学 文学部 N.K

私がサリヴァンで勉強を始めたのは高校2年生の2月頃です。誰にでも特に苦手な科目があると思います。サリヴァンでは苦手な科目の、その中でもピンポイントで自分が伸ばすべき項目やそれに合った課題を個別で与えてもらえ、それが約1年の間に成績をあげる事ができた大きな要因だと思っています。

法政大学 国際文化 N.O

サリヴァンは学校内での講義なので移動時間がなく、その分の時間も勉強につぎ込むことができた。また先生方の目が生徒一人一人にまで行き届いていたので、安心感があってよかった。そして、学校の友達と一緒に受講していたので、学校のクラスでもサリヴァンでも友達と互いに切磋琢磨できた。

東洋大学 社会学部 E.F

サリヴァンで良かったことは、サリヴァン合格ノート(演習簿)があったことです。合格ノートは私のモチベーションをすごい上げてくれました。日々の記録は受験当日まで励みになりました。

 

ページトップへ戻る